タマホームの坪単価を評価してみます。



スポンサードリンク

タマホームの坪単価は本当に安いか

タマホームの家は坪単価が安く、他のハウスメーカーなどと比較して住宅価格が安いというイメージがあります。
普通のハウスメーカーでは坪単価は50〜70万円と言われていますが、タマホームでは「25.8万円」というまさに驚きの価格を売りにしています。
しかし、実際には25.8万円という坪単価でどれだけの家が建てられるものなのでしょうか。

 

実は、この坪単価には少々カラクリがあります。
タマホームでは、坪単価が25.8万円になるのは、施工面積35坪以上からの本体工事の場合に適用になり、また、本体工事価格は施工面積をもとに算出していますが、地盤調査や下水道接続工事、雨水排水工事などの費用は含まれていないなど、一定の条件が基本となっています。
また、ドア・サッシなどの建具や仕上げ材から断熱材に至るまで、必要最低限の製品が用いられます。
「驚きの低価格」を実現するためには、家の建築に使用するの全ての部材のコストを落とす必要がありますので、部材の数量・性能を極限まで落とすのはある意味当然といえます。

 

 

タマホームの営業マンによるお客さんへのアプローチはこの最低ラインの住宅をベースに始められます。
ドアやサッシから内装材・キッチン・ユニットバス‥各部位ごとに少しずつ追加のオプションやアップグレードをおすすめする訳です。
長く住む家ですから、今だけ少し位は無理してでも、手の届く範囲で、アップグレード検討しましょう‥という具合に話は進んでいきます。
そして、徐々に積算見積もりの金額もアップグレードしていきますので、実際に建てた後の坪単価を計算してみると到底当初の坪単価では収まるはずがないことを理解することになります。
お客さんの声やユーザーブログなどの書き込みによれば、最終的な坪単価は安くても40万円以上と言われ、中には大手ハウスメーカーよりも高くなったという話しさえあります。
そうしたことから、実際のところ、25.8万円という坪単価で家を建てたお客さんはほとんどいないというのが実状です。

 

ただ、各材料の仕様については大量仕入れによるコスト削減の効果が活かされており、最低レベルの製品から標準仕様まで、アップグレードした場合でも比較的低価格で選ぶことは可能です。
またドアや窓など開口部のデザインや部位ごとの材料などはバリエーションも豊富に揃っています。
そのため最初から一定の坪単価を見込んで、標準仕様の家を建てるつもりで見積もりを依頼すれば、比較的高品質な家が標準的な価格で建てられるということも言えます。

 

タマホームでは事業開始から「高品質な家を適正価格で提供する」ことを掲げています。
25.8万円の低価格な家も条件によって「可能」である一方で、標準仕様やより高品質な家についても「適正価格」つまり中身に見合った価格で建てられますということです。
タマホームの坪単価が安いかどうかを判断されるなら、共通の品質・条件の下で数社のハウスメーカーに見積もりを依頼し結果を評価すべきでしょう。

家を建てるならまずはハウスメーカー各社の比較から。
みんなの住まい選び体験談


スポンサードリンク