タマホームの家で太陽光発電(ソーラー)を検討する場合の注意点



スポンサードリンク

タマホームの太陽光発電(ソーラー)住宅

タマホームは注文住宅ですから、屋根に予め太陽光発電パネルを設置して、ソーラーシステムを施すことも、他の住宅オプションと同じように選択できます。
ソーラーパネルを後付けにするよりも、屋根と一体型にできれば屋根の景観も損なうことなく、すっきり仕上がります。

 

また、事前に太陽光発電を設計プランに入れておくことで、配線やシステム設置の手間がかからず合理的です。
もちろん見積り費用面でも、後から太陽光発電パネルを設置することを考えれば安く済みます。
これは、タマホームが注文住宅であるからこそ実現可能なメリットであり、建て売り住宅ではこうはいきません。

 

そのため、タマホームのお客さんの中にも、当然ソーラーシステムや太陽光発電の導入に興味を持たれる人も多いようです。
但し、基本的にタマホームは坪単価の安さが一番の売りですので、太陽光発電システムの導入にあたっては、一通りの別途費用がかかることから、安さ重視というコンセプトからは逸脱することになります。
太陽光発電(ソーラーパネル)比較・見積もり

 

新築工事で太陽光発電を導入するとは言っても、ソーラーシステム自体の費用は、メーカー単価となりますので、施工費用については、極端に言うと配線やパネル設置の手間代が若干安くなる程度と考えられます。
また、太陽光発電システムはその後の定期的なメンテナンスも必要となりますし、売電の際の買取額や補助金などのメリットも今後どのように変動するかは不確かです。
そのため、安さ重視でタマホームを選ばれたお施主さんには、必ずしも太陽光発電をおすすめするものではないとも考えられます。

 

本当にあった家づくりのコワ〜イ話

 

 

タマホームで太陽光発電を導入する場合のワンポイントアドバイス

タマホームで建てる住宅に太陽光発電システムを導入する場合、ソーラーパネルを屋根と一体型の製品を選ぶ人も多いと思います。
理由は前述の通り、屋根の景観を損なわず見た目もスッキリした感じに仕上がることにあります。
しかし、実は太陽光発電のソーラーパネルを設置する場合、2つの理由から屋根に乗せるタイプがおすすめです。
1つめの理由は、太陽光パネルが屋根に乗ることで屋根に日陰ができますので、夏場などは屋根からの蓄熱が抑えられ、室内は涼しく省エネにつながります。
これが、太陽光パネルが屋根と一体化している場合は、ソーラーパネルに当たる太陽光が室内に直接伝わりやすくなります。
そして理由の2つ目は、費用が安いことです。
現在の太陽光発電システムの多くは、ソーラーパネルは後付タイプが多く普及していることから製品価格も当然安くなります。

 

さらに今後のメンテナンスや修理が必要になった場合を考えても、屋根と分離されて設置されている方が施工も容易で費用も安く済みます。
基本的にはタマホームの営業マンは、太陽光発電のシステムは「専門外」ですのであまり詳しい説明は期待できません。

 

そのため、もしもタマホームで太陽光発電を検討される場合は、ソーラーパネルは一体型ではなく屋根にのせるタイプを選ばれることをおすすめします。
タマホーム情報 TOP

家を建てるならまずはハウスメーカー各社の比較から。
各社の資料を一括請求できますので、便利で安心です!

全国の優良工務店が探せる【ハウジングバザール】



みんなの住まい選び体験談