タマホームの外壁に関する評価について



スポンサードリンク

タマホームの外壁に関する評価

タマホーム

タマホーム外壁はグレード細かく分かれていますので、一概には言えませんが、ある程度(中レベル)のグレードを選択すれば、比較的デザイン性・耐久性を兼ね備えた外壁材が選べます。
中でもレンガ風、石造り風、塗り壁風、木調など素材感や風合いをリアルに再現した外壁材は人気が高いようです。
タマホームの標準設備で選択できる外壁材のメーカーは、旭トステム、ケイミュー(旧クボタ松下)、ニチハ、東レの4社となっており、どのメーカーにも嬉しいセルフクリーニング効果が付いています。
セルフクリーニング効果とは、コーティング技術の向上により、雨によって外壁に付いた汚れを洗い流す効果のことです。
つまり、どのメーカーの外壁も手入れしなくても雨が降るたびに汚れが落ちてきれいになっていくという、嬉しい性能を備えているのです。
さらに、これらの外壁は標準的な製品と比べて1ランクグレードが高く、お施主さんからの評価も高いようです。
タマホーム お客さんの声

 

また、これらの外壁の中でもケイミューの親水セラは光触媒を利用した光セラにオプションで変更することもできます。
光触媒は酸化チタンのことですが、この酸化チタンに光が当たることにより「分解力」と「超親水性」の働きが起こり、親水セラ以上に色あせや日焼けも抑えキレイが長続きします。
このオプションは大変魅力的なのですが、料金は面積に応じて50〜100万円程度のアップとなりますので、予算に余裕がある方にはぜひおすすめしたいものです。
そして、さらに外壁で重要なのが外壁材の厚みですが、当然厚いほうがいいのです。
タマホームの外壁はサイディングで、その厚みは標準で16mmです。
16mmでも十分な厚さですが、グレードアップするのでしたら24mmにも変更することはできます。
こちらもオプションとなり、追加料金がかかりますので、気になる方はタマホームの営業マンに相談してみましょう。

 

 

外壁は組み合わせによって、家の印象が大きく異なります。
これが家を建てる楽しみでもあり、自分の好みやこだわりを実現してくれるのがタマホームの豊富な外壁のバリエーションです。
タマホームは上質で機能的な外壁が多くの種類から選べますが、予算との関係も影響してきます。
まずはタマホームの最大の売りである「低価格」の家で、標準装備されている外壁の素材・性能・デザインなどをチェックして、どこまでアップグレードできるかをチェックしてみるのもいいと思います。
さらに、他のハウスメーカーとの比較も忘れずに行いましょう。


家を建てるならまずはハウスメーカー各社の比較から。
各社の資料を一括請求できますので、便利で安心です!

全国の優良工務店が探せる【ハウジングバザール】



みんなの住まい選び体験談