タマホームとアキュラホームの坪単価や評判などを比較・評価します



スポンサードリンク

タマホームVSアキュラホーム

タマホームアキュラホームは、どちらも坪単価の安さで有名なローコスト住宅を手がけるハウスメーカーです。
どちらも坪単価は30万円前後となっており、その破格ともいえる安さをウリに営業を展開していますが、実際には坪単価30万円では建てられず、タマホームの平均坪単価は40〜60万円、アキュラホームは50万円前後というのが現実的な坪単価と言えるようです。

 

基本的に両社が表示している坪単価には含まれない費用はいくつかあり、その辺りが目に見えない経費として単価にのせられることになります。
細かくは契約の内容や事前の営業マンとの取り決め事項によっても異なりますが、基本的には屋外給排水工事やガス工事、設計費などが挙げられます。
これらは家を建てる際には必ず必要な費用ですし、敷地が広ければそれだけ費用も多くかかりますので、最終的な金額に大きく影響する場合もあります。
そのため、基本的な坪単価に含まれない項目についてはしっかり確認しておきましょう。

 

 

タマホームとアキュラホームの住宅性能を比較

住宅の性能は、住宅性能表示制度による表示項目で比較すれば比較はある程度容易なのですが、あくまで任意の制度ため、性能表示制度を利用している住宅以外は、いくつかの主要な項目について独自に比較を行う必要があります。

気密性と断熱性等について

気密性や断熱性については、ユーザーブログや口コミ情報によればタマホームよりもアキュラホームの方が少し高いようです。
しかし、実際の素材やカタログ資料のデータで比較したところではそう大差はありませんでした。
そのため、あまり大きな違いはないと考えてよさそうです。

遮音性能について

遮音性能は床・天井や壁の厚さ及び断熱材の状態によるところが大きく、気密性や断熱性にも関係する部分です。
気密性や断熱性能に大きな違いがないことからも、外の音を家の中に入れない遮音性についても、どちらも平均レベルであり大差はありませんでした。
また、家の中における各居室間についても当然の事ながら遮音性が高いほど家の快適性が上がります。
遮音性能を重視して快適な住環境を考えるなら、家の中と外、各部屋同士における遮音性能についてプランニングを行うべきでしょう。

住宅性能を上げるために

タマホームもアキュラホームも、標準プラン(表示されている坪単価の範囲内)における気密性・断熱・遮音性能はあくまで標準レベルです。
これらについて標準プランよりもレベルを上げるためには、別途オプションを加えていく必要があります。

 

 

タマホームとアキュラホームの営業マンの対応

ハウスメーカーの営業については、打ち合わせをするときに説明要員の営業マンと、建築士やインテリアコーディネーターのような専門スタッフが同席することが多いのですが、タマホームの場合は営業マン一人で行うことが多いようです。
さらに、タマホームの場合、積算見積もりなども営業マンが行いますから、値引きや価格交渉を含めて営業マンの能力や裁量がプランニングの良し悪しや価格に大きく影響するといえます。
アキュラホームの場合は、積算見積もりまでは営業マンが行いますが、細かいプランニングを行う時には状況に応じて設計担当者やインテリアコーディネーターなどが同席します。
アキュラホームは営業マン以外にそうした専門スタッフも多いため、綿密な打ち合わせや希望するプランニングを専門家の立場から提案してもらえるという点では有利と言えるかもしれません。

 

 

タマホームとアキュラホームの口コミ・評判について

タマホームとアキュラホームのユーザーブログ口コミ評価などから総合的に判断すると、とにかく低価格で家を建てたいという人にはタマホームの方がおすすめかもしれません。
タマホームもアキュラホームも、基本となる標準プラン+オプション価格として最終的な坪単価が決まるわけですが、標準プランとしては若干タマホームの方が性能などが充実しています。
また、仮に最低ラインのプランで家を建てた場合で考えてもタマホームの方が安くなる可能性が高いと思われます。
ただし、タマホームの場合は追加オプションを積極的に取り入れていくと、坪単価は思っている以上に高くなる場合が多く、また一概には言えませんが営業マンの対応についても、必ずしもいい評価ばかりではないことも気になります。
その点では、アキュラホームの評判は、まあまあといったところでしょう。
タマホームは、標準仕様の良さはある程度評価が高いので、納得できるならお得かもしれませんが、ある程度価格を抑えながらもこだわりの家を希望されるなら、専門スタッフが多く営業マンもそれなりに知識があるアキュラホームの方がおすすめといえます。
タマホーム情報 TOP

家を建てるならまずはハウスメーカー各社の比較から。
みんなの住まい選び体験談


スポンサードリンク




タマホームVSアキュラホーム | タマホームとハウスメーカーを比較・評価関連ページ

トヨタホームとの比較
タマホームとトヨタホームの坪単価及びユーザーからの評判などを比較して、ざっくりとした総合評価を行ってみました。これからの家づくりに向けたハウスメーカー選びの参考になればと思います。
ミサワホームとの比較
坪単価の安さで人気のタマホームと、木質パネル工法のミサワホームについて、営業マンの対応から家の仕上げに至るまで、お施主さんの評判や一般的な評価などから両社を評価・比較してみたいと思います。
住友林業と比較
タマホームと住友林業の家について、ユーザーさんの口コミや評判などを総合的に解析して比較・評価してみました。
三井ホームと比較
タマホームと三井ホームの家について、坪単価や家の質及びデザイン性などを総合的に解析して比較・評価してみました。
大和ハウスとの比較
タマホームと大和ハウスの坪単価や内装・外装、営業マンや社員スタッフの対応などを、ユーザーの声や口コミなどから比較し評価してみたいと思います
セキスイハイムとの比較
タマホームとセキスイハイムの特徴や評判、さらに坪単価や営業マンの対応などについて、ユーザーの評判や口コミ情報などから比較し評価してみたいと思います。
東日本ハウスと比較
タマホームと東日本ハウスについて、坪単価やユーザーからの評判、さらに口コミ情報などを比較して、当サイト独自の総合評価を行ってみました。これからの家づくりに向けて工務店やハウスメーカーを選ぶ際の参考にしてください。
一建設と比較
タマホームと一建設の坪単価及びユーザーからの評判などを比較して、評価をしてみました。これからの家づくりに向けたハウスメーカー選びの参考になればと思います。
アイフルホームとの比較
タマホームとアイフルホームはどちらも低価格を売りにしたローコスト系のハウスメーカーですが、両社の特長やメリット、ユーザーからの評価などを比較してみました。
へーベルハウスと比較
タマホームとヘーベルハウスの坪単価や内装・外装、営業マンの対応などについて、ユーザーの声や口コミなどを参考に比較・評価してみました。今後の家づくりに向けたハウスメーカー選びの参考になればと思います。
パナホームとの比較
タマホームとパナホームの特長やメリット、さらにアピールポイントなどについて口コミやユーザーさんの評価なども参考にしながら比較してみました。それぞれ一長一短がありますが、コストを抑えて設計の自由度を重視するならタマホーム、エコや電化住宅にこだわるならパナホームといった感じでそれぞれ選ばれています。
一条工務店との比較・評価
タマホームと一条工務店の特徴やポイント、さらに坪単価及びユーザーからの評判などを比較して、評価をしてみました。これからの家づくりやハウスメーカー選びの参考にしてください。
ユニバーサルホームと比較
タマホームとユニバーサルホームの住宅仕様及び気になる坪単価やユーザーさんからの評判などを比較し、総合的に評価するための参考となる情報をご紹介します。
スウェーデンハウスとの比較
タマホームとスウェーデンハウスの家について、両社のセールスポイントや坪単価、住宅性能から営業マンの対応などをユーザーブログや口コミ情報なども参考に総合評価してみました。これからの住まい選びの参考にしてください。