タマホームのアフターメンテナンスに関するクレーム



スポンサードリンク

タマホームのアフター対応に関するクレーム

タマホームでは、家を建てた後でも不具合や補修の対応を行っています。
ただ、家を建てた後のアフターメンテナンスについては、タマホームの支店・営業所によって大きく差が出おり、連絡や対応の遅れなどがお客さんからのクレームに発展するケースも少なくありません。

 

タマホームには専門のスタッフによる定期的なアフターメンテナンスがありますが、スタッフが足りていないところもあり、そういったところでは満足な対応ができていないという辛口の評判も耳にします。
アフターメンテナンスは、建ててから3カ月から始まり、6カ月・1年・2年・5年・10年目に行っています。
まず目視チェックや顧客からの聞き取りから始まり、その場で対応できるものはしてもらい、その他は後日業者が修理に来るということが多いようです。
後から来る業者というのも当たり外れがあるようで、いい業者が来てくれれば満足のいくメンテナンスをしてくれますが、場合によってはその逆もアリということです。
もしもアフターの対応などで納得がいかない場合は、遠慮せず何度でも来てもらいましょう。

 

また、タマホームでは地盤と住宅の両方の保証がある「建物最長35年保証」がついています。
これは10年保証と25年保証に分けて考えるのですが、まず10年保証では建築前の段階で行う地盤調査によって、その結果に基づく工事を行うことで地盤の保証があり、住宅の保証は第三者機関による各種検査に合格した住宅の構造耐力上主要な部分、および雨水の侵入を防止する部分の瑕疵についての保証です。
ここまではどのハウスメーカーにも義務付けられています。

 

タマホームの独自のサービスが、それにさらについている25年保証です。
これは、10年目・20年目・30年目点検に基づく保証で、引き渡し後10年ごとの有償メンテナンス工事により、最長25年までの10年間の保証延長ができます。
気に入った家を永く大事に使いたい方には、満足のいくサービスではないでしょうか。

 

ただ、このサービスも場所によってはきちんと対応してくれないこともあるようで、そういった地域ではクレームとなっていることが多いようです。
しかし、業者を待つばかりでなく、こちらからも積極的に連絡をすることでそういったクレームもなくなるかもしれません。
せっかく建てた家ですから、建てた後はしっかりアフターメンテナンスをしておきたいものです。

 

タマホーム情報 TOPに戻る

家を建てるならまずはハウスメーカー各社の比較から。
各社の資料を一括請求できますので、便利で安心です!

全国の優良工務店が探せる【ハウジングバザール】



みんなの住まい選び体験談



タマホームのアフター対応に関するクレーム関連ページ

自由設計関連のクレーム
タマホームの広告には「自由設計」・「注文住宅」が掲載されていますが、それらに関するクレーム事例についてご紹介します。