タマホームとスウェーデンハウスを比較・評価



スポンサードリンク

タマホームとスウェーデンハウスを比較

タマホームは、坪単価の安い日本の在来木造を基本としたローコストハウスメーカーですが、一方スウェーデンハウスは北欧スウェーデンの快適な仕様を生かしたハウスメーカーです。
スウェーデンハウスの坪単価は日本のハウスメーカーの中でもトップクラスの価格です。
そのためタマホームの坪単価が40〜60万円に対して、スウェーデンハウスは80〜100万円と2倍近い差があるのです。
確かに、坪単価だけを見ると高いと感じますが、性能面で考えると納得する方も多いのではないでしょうか。
タマホーム及びその他日本のハウスメーカーにはない住宅の性能が、スウェーデンハウスにはあるとも言われています。

 

 

タマホームとスウェーデンハウスの住宅性能を比較

タマホームとスウェーデンハウスの住宅性能を比較してみました。
両者一長一短があるものの、断熱性や気密性については、断然スウェーデンハウスの方が勝っていました。
というのも、スウェーデンハウスの気密性と断熱性は高気密・高断熱住宅の先駆けとなっており今でもトップクラスであるため、住宅性能評価としてはレベルが高いのです。
そのため、高気密・高断熱にこだわりを持つ方にはスウェーデンハウス評判は上々といえます。
しかし、住宅の一定レベル以上の気密性にこだわらないという人にとっては逆に割高感があり、むしろタマホームの仕様が受け入れられやすい状況にあるようです。

 

その他にも、高性能の換気システムの採用や、遮音性などに関してもスウェーデンハウスはタマホームに比べてレベルが高いと言えます。
というのも、スウェーデンハウスの場合、窓には木製サッシを使用しているのですがガラスが三重ガラスになっているため、遮音性や防犯性が極めて高いと言えます。
これらの点においては、タマホームよりもスウェーデンハウスの方に軍配が上がるといえます。
タマホームの気密性や断熱性、遮音性などについては、住宅性能表示においても最初から高いランクを求めておらず、平均よりも若干上のレベルといったところです。

 

但し、スウェーデンハウスの壁に使用される木製パネル等はスウェーデンで製造されており、日本の規格と異なります。
そのため、スウェーデンハウスは「自由設計の家」とうたっているものの、間取りに制限があり、タマホームを一とした日本の在来工法と比べると自由度の幅はかなり狭まります。

 

 

スウェーデンハウスとタマホームの営業スタイル

タマホームでは社員のノルマが厳しいと言われており、営業マンも積極的に営業活動を行ってきますが、スウェーデンハウスの方は比較的「落ち着いた」営業スタイルといわれています。
タマホームに比べスウェーデンハウスは、2倍近い価格の差があります。
そのため、事前に価格調査や資料の取り寄せなどはユーザーサイトで行っており、スウェーデンハウスの価格が高いことは先刻承知のお客が集まるわけです。
そういったお客は価格が高い分だけ高級感やハイレベルな性能に魅力を感じているため、営業マンが売りに力を入れる必要がないのです。
そのため、比べスウェーデンハウス決して押し売りはせず、自然な営業ができる環境にあるようです。

 

 

タマホームとスウェーデンハウスの口コミ・評判について

まず、タマホームとスウェーデンハウスの口コミや評判を調べてみると、住宅のコンセプトやセールスポイントなどが全く異なりますので比較は難しいかもしれません。

 

タマホームの口コミや評判は、ローコスト住宅を望んでいる方には大変よく、ローコストの割には標準仕様などがよいという評判があります。
その反面、打ち合わせと実際に工事をした時の内容が違うといった口コミや、営業マンの態度が悪い、坪単価が思っていたよりも高くなったなどという評判もあります。

 

一方、スウェーデンハウスの口コミや評判は、高気密・高断熱住宅のトップレベルを誇っているだけあり、大変評判も良いようです。
とはいっても、価格については高すぎるという口コミも多く、パネルの製造をスウェーデンでせず、日本ですればもっと価格が下がるのではないかという評判もあります。
タマホームとスウェーデンハウスの総評としては、性能にこだわるか価格にこだわるかによって、どちらのハウスメーカーに依頼するかが決まると言えます。

 

タマホーム情報 TOP

家を建てるならまずはハウスメーカー各社の比較から。
各社の資料を一括請求できますので、便利で安心です!

全国の優良工務店が探せる【ハウジングバザール】



みんなの住まい選び体験談



タマホームVSスウェーデンハウス | タマホームとハウスメーカーを比較・評価関連ページ

トヨタホームとの比較
タマホームとトヨタホームの坪単価及びユーザーからの評判などを比較して、ざっくりとした総合評価を行ってみました。これからの家づくりに向けたハウスメーカー選びの参考になればと思います。
ミサワホームとの比較
坪単価の安さで人気のタマホームと、木質パネル工法のミサワホームについて、営業マンの対応から家の仕上げに至るまで、お施主さんの評判や一般的な評価などから両社を評価・比較してみたいと思います。
住友林業と比較
タマホームと住友林業の家について、ユーザーさんの口コミや評判などを総合的に解析して比較・評価してみました。
三井ホームと比較
タマホームと三井ホームの家について、坪単価や家の質及びデザイン性などを総合的に解析して比較・評価してみました。
大和ハウスとの比較
タマホームと大和ハウスの坪単価や内装・外装、営業マンや社員スタッフの対応などを、ユーザーの声や口コミなどから比較し評価してみたいと思います
セキスイハイムとの比較
タマホームとセキスイハイムの特徴や評判、さらに坪単価や営業マンの対応などについて、ユーザーの評判や口コミ情報などから比較し評価してみたいと思います。
東日本ハウスと比較
タマホームと東日本ハウスについて、坪単価やユーザーからの評判、さらに口コミ情報などを比較して、当サイト独自の総合評価を行ってみました。これからの家づくりに向けて工務店やハウスメーカーを選ぶ際の参考にしてください。
一建設と比較
タマホームと一建設の坪単価及びユーザーからの評判などを比較して、評価をしてみました。これからの家づくりに向けたハウスメーカー選びの参考になればと思います。
アイフルホームとの比較
タマホームとアイフルホームはどちらも低価格を売りにしたローコスト系のハウスメーカーですが、両社の特長やメリット、ユーザーからの評価などを比較してみました。
へーベルハウスと比較
タマホームとヘーベルハウスの坪単価や内装・外装、営業マンの対応などについて、ユーザーの声や口コミなどを参考に比較・評価してみました。今後の家づくりに向けたハウスメーカー選びの参考になればと思います。
パナホームとの比較
タマホームとパナホームの特長やメリット、さらにアピールポイントなどについて口コミやユーザーさんの評価なども参考にしながら比較してみました。それぞれ一長一短がありますが、コストを抑えて設計の自由度を重視するならタマホーム、エコや電化住宅にこだわるならパナホームといった感じでそれぞれ選ばれています。
一条工務店との比較・評価
タマホームと一条工務店の特徴やポイント、さらに坪単価及びユーザーからの評判などを比較して、評価をしてみました。これからの家づくりやハウスメーカー選びの参考にしてください。
アキュラホームとの比較・評価
タマホームとアキュラホームは、どちらも坪単価の安さで知られているローコストビルダー系のハウスメーカーです。両社の建てる家の性能から営業マン及びスタッフの対応などを、ユーザーブログや口コミ情報なども含めて総合的に評価してみました。
ユニバーサルホームと比較
タマホームとユニバーサルホームの住宅仕様及び気になる坪単価やユーザーさんからの評判などを比較し、総合的に評価するための参考となる情報をご紹介します。