タマホームの家の耐震性能と評価について



スポンサードリンク

タマホームの耐震性能に関する評価と口コミ

タマホームは格安が売りであることから、もしもの大地震の備えとしての耐震性能について不安に思う人も少なくないようです。

 

住宅の耐震性能は、壁の厚みや柱の太さ、接合部分への耐震補強金物を使用しているかどうかなど、いくつかのチェック項目があります。

 

しかし、基本的に耐震性能が高い住宅は、外観や住宅の内部からでもある程度判断することができます。

 

例えば、住宅展示場などでタマホームの家を見てみると、縦長の窓が多く、開口部がどちらかと言うとかなり少ないことに気づきます。

 

これは、俗に言う「壁量」が多いことを示しています。

 

住宅は開口部の数や間口が広さによって、耐震強度に影響を与えます。

 

極端に言えば、全く窓やドアなどの開口部を有さない壁だけでガチガチに作られた構造体は、地震に対する強度はとても高いと言えます。

 

その意味からは、開口部の数が少なく縦長の窓を多く採用しているタマホームの家は耐震強度が高いことが推測されます。

 

 

また、タマホームの家の中に入ると、廊下や各部屋のスペースや有効幅が狭く感じる人もいるかと思います。

 

これについては、壁の配置やバランスなどが構造計算の中に生かされて、間取りが設計されているものと思われます。

 

こうした要因から、タマホームの室内は、窓が小さいため少し薄暗かったり、廊下や階段を含めた間取りに手狭な感じをおぼえるかも知れません。

 

しかし、壁量が多くバランスもしっかり計算されているタマホームの家は、通常よりも頑丈な構造になっていることが伺えますので、もしもの大地震への備えはほぼ問題なく、安心できると言えるでしょう。

 

実際にタマホームは強い家づくりにこだわりがあります。
国の建築基準法よりも厳しい基準があるタマホームの家は、住宅構造がしっかりしていますので口コミでも耐震性については高い評価を得ています。
タマホーム情報 TOP

家を建てるならまずはハウスメーカー各社の比較から。
みんなの住まい選び体験談


スポンサードリンク