タマホームの住宅展示場にあるモデルハウスのご紹介



スポンサードリンク

タマホームの住宅展示場・モデルハウス体験レポート

タマホームは他のハウスメーカーと比べて極端に坪単価が安いことから話題性がある反面、さまざまな口コミ情報やうわさ話なども多く、安かろう悪かろうといった情報なども広がっています。
しかし、実際にタマホームで家を建てた人の声というのは、パンフレットや基本仕様の資料などからは伝わってこないものですから、うわさ話を聞いただけでは想像の域を脱しません。
そのため、単なるうわさ話やネットの書き込みの内容を鵜呑みにして、タマホームの良し悪しを判断してしまうよりも、一度は自分の目で確認して判断する必要があると思います。

 

「百聞は一見にしかず」という言葉の通り、タマホームを知るためには、住宅展示場に足を運んで実際にモデルハウスを自分の目で見て、触れて、確かめてみることが大事です。
また、モデルハウスには説明してくれるスタッフや営業マンがいますので、疑問に思ったことはどんどん質問もできますし、その場で回答を得ることもできます。
そのため、今後家づくりを行う中でタマホームも候補のひとつとしてお考えなのであれば、ある程度資料で内容を確認したうえで、早めに住宅展示場のモデルハウスに行かれることをおすすめします。

 

ただ、モデルハウスまで行って話を聞くと、後々DMが送り付けられたりしつこい営業の電話が来るのではないかといった心配もあって、なかなか住宅展示場を見に行くまでには至らないというケースも多分にあります。

 

そうしたことから、当サイトでは、実際にタマホームのモデルハウスを訪れて、間取り・素材・採光、使いやすさから別途料金の追加オプションに至るまで、気になるポイントをまとめてレポートします。
「タマホームは気にはなっているけれど、住宅展示場まで行ったり営業マンと接するのはちょっと…」そんな気持ちで二の足を踏んでいる人は、ぜひ当サイトの体験レポートで実際のモデルハウスの内容をご確認ください。
タマホームに関するさらに一歩踏み込んだ情報を得られると共に、これからのハウスメーカー選びの参考にもなると思います。

 

タマホーム情報 TOP

タマホームの住宅展示場・モデルハウス体験レポート記事一覧

タマホームの窓と照明 | タマホームの住宅展示場・モデルハウス体験レポート

タマホームの家は、耐震性重視のためか、開口部の占める面積が比較的小さいように感じます。窓に至っては、縦長の細い窓が数多く採用されています。縦長の窓は、日本の住宅には少ないため、視覚的にはちょっと洋風でおしゃれなイメージもありますが、間口が広い大きな窓がある壁と比べると、耐震性能は格段に優れていること...

≫続きを読む

家を建てるならまずはハウスメーカー各社の比較から。
みんなの住まい選び体験談


スポンサードリンク