タマホームとパナホームの特長やメリット等を比較しました。



スポンサードリンク

タマホームvsパナホーム

タマホームパナホームの住宅をいろいろな角度から比較をしてみます。
タマホームは格安の坪単価や豊富なオプションなどがアピールポイントであるのに対し、パナホームの場合は松下グループということもあって、ソーラー発電やオール電化住宅などが得意分野です。
そのため住宅の電化設備などを含めて考えると坪単価も決して安くはありません。
ソーラーシステムによる太陽光発電はタマホームでも希望があれば設置は可能ですが、既に住宅の設計段階からあらゆる電化設備の対応が計画されているパナホームは、プランの段階から様々な家電設備を取り入れることが容易です。
そのため、後々本格的なソーラー発電や、オール電化などを考えるなら、タマホームよりもパナホームを検討すべきかも知れません。
特にオール電化については、近年では多くのハウスメーカーでも採用していますが、パナホームはどこよりも早い時期からオール電化を住宅に採用していましたので、それらのノウハウについても他社より一歩リードしていると言われています。
ただ、一定規模以上の電化住宅を求めない、家の設備投資は将来お金と相談しなが検討したいとお考えの方は、むしろある程度の自由度と汎用性があるタマホームを選ぶべきかもしれません。

 

 

タマホームとパナホームの坪単価

タマホームとパナホームの坪単価を比較してみると約1.5倍〜2倍位の差があります。
タマホームの平均的な坪単価は40〜60万円位と言われていますが、一方パナホームの場合は50万円〜80万円となります。
ただ、パナホームの場合は設備費用をどこまで組み入れるかで単価にも大きく影響しますので、一概には言えません。
プランによってはタマホームと同レベルの坪単価に抑えられる可能性もありますが、その辺はケース・バイ・ケースですので一度条件を合わせて比較してみることも必要です。

 

 

タマホームとパナホームの設備・仕様

タマホームとパナホームの設備と仕様について、それぞれの特徴やメリットを挙げてみました。
どちらも基本的なアピールポイントや特徴が異なりますので、単純に比較はできませんが一応の参考にはなると思います。

タマホーム

  • 内装ドアや床にコーティングするワックスは大変優れたものを使用している
  • 外壁にはマイクロガードを採用しており、雨で汚れが落ちるコーティングをしている
  • 窓はペアガラスでグレードが高い
  • 全熱交換型の換気システムだが、簡易的なものである
  • 二階建てでもトイレが一階にしかなく、二階のトイレはオプションになる
  • 標準仕様を変更すると、値段がかなり
高くなる

寒い地方向けに寒冷地仕様がある

パナホーム

  • パナソニックグループだけあって、オール電化やソーラー、エコキュートなど電気系設備が充実している
  • 外壁にはキラテックを採用しており、劣化しにくく、太陽光で汚れを落とすためいつまでもきれい
  • キラテックと同じ光触媒が窓ガラスにも施工されており、窓掃除がラク
  • 特徴的な換気システムで評価が高い
  • 壁紙が和紙でできており、給放湿性がある、石膏ボードには珪藻土が練りこまれているため、シックハウス対策としての効果が期待できる

 

その他、基礎の構造については、タマホームはベタ基礎であるのに対し、パナホームは、布基礎またはブロック基礎が基本仕様となっています。
ただ、どちらも耐震性の高い構造となっていますので地震には安心です。

 

 

タマホームとパナホームの営業マンを比較

ハウスメーカーを比較する際に忘れてならないのが社員の営業スタイルです。
タマホームとパナホームの営業マンの特徴を口コミ情報などを基に比較してみました。
ただ、こちらも地域や営業所などによっても様々かと思いますので、一応の目安として参考にしてください。

タマホームの営業マン

  • タマホームの営業マンは他社と比べて打ち合わせが少なく、営業マン一人で行う場合が多い
  • タマホームの営業マンに値引き交渉をしても期待できない
  • タマホームは営業マンに対するノルマが厳しらしく、人の入れ替わりが激しいようだ

パナホームの営業マン

  • パナホームの営業マンは値引きに期待できる
  • パナホームの場合、常に担当営業マンが窓口となり、打ち合わせから引き渡しまでを行う
  • 地域によっては直轄の営業所ではなく、パナホームの代理店が担当しているところもあるため、営業マンにばらつきがある

 

タマホームとパナホームを比較してみると、一長一短があります。
コストを抑えて内装などを重視するならタマホーム、エコ&電化住宅にこだわるならパナホームというところでしょうか。
タマホーム情報 TOP

家を建てるならまずはハウスメーカー各社の比較から。
みんなの住まい選び体験談


スポンサードリンク




タマホームvsパナホーム | タマホームとハウスメーカーを比較・評価関連ページ

トヨタホームとの比較
タマホームとトヨタホームの坪単価及びユーザーからの評判などを比較して、ざっくりとした総合評価を行ってみました。これからの家づくりに向けたハウスメーカー選びの参考になればと思います。
ミサワホームとの比較
坪単価の安さで人気のタマホームと、木質パネル工法のミサワホームについて、営業マンの対応から家の仕上げに至るまで、お施主さんの評判や一般的な評価などから両社を評価・比較してみたいと思います。
住友林業と比較
タマホームと住友林業の家について、ユーザーさんの口コミや評判などを総合的に解析して比較・評価してみました。
三井ホームと比較
タマホームと三井ホームの家について、坪単価や家の質及びデザイン性などを総合的に解析して比較・評価してみました。
大和ハウスとの比較
タマホームと大和ハウスの坪単価や内装・外装、営業マンや社員スタッフの対応などを、ユーザーの声や口コミなどから比較し評価してみたいと思います
セキスイハイムとの比較
タマホームとセキスイハイムの特徴や評判、さらに坪単価や営業マンの対応などについて、ユーザーの評判や口コミ情報などから比較し評価してみたいと思います。
東日本ハウスと比較
タマホームと東日本ハウスについて、坪単価やユーザーからの評判、さらに口コミ情報などを比較して、当サイト独自の総合評価を行ってみました。これからの家づくりに向けて工務店やハウスメーカーを選ぶ際の参考にしてください。
一建設と比較
タマホームと一建設の坪単価及びユーザーからの評判などを比較して、評価をしてみました。これからの家づくりに向けたハウスメーカー選びの参考になればと思います。
アイフルホームとの比較
タマホームとアイフルホームはどちらも低価格を売りにしたローコスト系のハウスメーカーですが、両社の特長やメリット、ユーザーからの評価などを比較してみました。
へーベルハウスと比較
タマホームとヘーベルハウスの坪単価や内装・外装、営業マンの対応などについて、ユーザーの声や口コミなどを参考に比較・評価してみました。今後の家づくりに向けたハウスメーカー選びの参考になればと思います。
一条工務店との比較・評価
タマホームと一条工務店の特徴やポイント、さらに坪単価及びユーザーからの評判などを比較して、評価をしてみました。これからの家づくりやハウスメーカー選びの参考にしてください。
アキュラホームとの比較・評価
タマホームとアキュラホームは、どちらも坪単価の安さで知られているローコストビルダー系のハウスメーカーです。両社の建てる家の性能から営業マン及びスタッフの対応などを、ユーザーブログや口コミ情報なども含めて総合的に評価してみました。
ユニバーサルホームと比較
タマホームとユニバーサルホームの住宅仕様及び気になる坪単価やユーザーさんからの評判などを比較し、総合的に評価するための参考となる情報をご紹介します。
スウェーデンハウスとの比較
タマホームとスウェーデンハウスの家について、両社のセールスポイントや坪単価、住宅性能から営業マンの対応などをユーザーブログや口コミ情報なども参考に総合評価してみました。これからの住まい選びの参考にしてください。